ツイッターのことで気にかかっていたこと

私が頻繁にツイッターにイラストを上げていた時のこと…言い方を変えるとツイに張り付いていた時のことですが、よく「〇〇さんの描く××が一番!」「〇〇さんの神絵が…!✨」みたいな、そんなツイート(RT後の呟きかな)を目にしていました。私もごくごくたまーにそんな風に言ってもらえることがあったので有難いなぁと思っていましたが、内心穏やかではありませんでした。
「〇〇さんの描く××が好き!」ならいいんです。人の褌借りて二次絵描いてる分際で何をって感じですが、他の絵描きの方とも繋がってる人が「〇〇さんの描く絵が一番!」この言葉を使うんです。そう言われなかった描き手の人は、その呟きを見て、「あぁ、私の描いた絵は微妙なんだな…」そう思ってしまう可能性大なんですよ。その言葉が発奮材料になるならいいのですが、絵を描く人、文を書く人って繊細な方が多い印象を私は持っているので、「私なんてかかなくてもいいよね…」そう捉えてしまう人も中にはいるんじゃないのかなってずっとひっかかっていました。
自分の絵に自信を持ってる人、他人の言葉なんて一切気にしない人、そんな方にはどこ吹く風な言葉だと思いますが、私自身はこの呟きを見て正直凹むことの方が多かったです。そういう反応が貰えないのは、魅力的な絵が描けない自分の技術不足のせいなので、呟いた人が悪いわけではありません。でも作品を作る(今回はイラストを例に上げますが)のってすごい労力を使うんです。下書きに入る前にこんな絵が描きたいな…の構想から始まって、ラフ、そして下書き、線画に起こして塗り…ちょっとした絵でも、骨折してないかできるだけ全身を描いてみて切り取ってみたり、塗りが思い描いていたのと違うー!で、イチから直したり…技術のある人はこうも手間取ったりしないと思いますが、描けないうちはこんな風に必死になって絵を描いています。作品を仕上げない間も人体を描く練習をしたり。今ものすごく素敵な絵を描かれる方も、天才でない限りはたくさん練習をされたんだと思います。だからその作品に対して素直に感動したことを伝える時も、ほんの少しでいいから、他の絵描きさんの方のことも気遣ってあげられると、微妙な空気にならなくてすむのかなってツイッターに入り浸っていた時に感じていました。さすがにこの件についてツイ上で触れたことはありませんが…
と綴っても、読む人からしてみると、結局作品の良しあし(もしくは好みのテイストかどうか)しか関係のないことだと思うので、かき手がいくらこれだけ頑張りました!と言ったところで「そうですか」の反応は仕方のないことだと思います。
でも、できたら、フォローしてる好きなかき手さんが作品を上げたなら反応してあげてほしいです、SNSなら特に。別にべったりTLに張り付いて作品が上がったら全部にリプしろ、いいねしろってことではなく、読んだよ、見たよ、の意味でもいいから新作が上がっていることに気づいたなら反応してあげてほしいです。ツイなんて互助会なんてものも存在していると聞くので、そういうグループに所属していたら半強制的に反応しないといけないのかもしれませんが、そういうものとは関係なく、その人のかく作品が好きでフォローしてる人がいるなら是非反応してあげてほしいです。何度も言うけど。
恥ずかしながら自分も反応貰えない、辛い…そう思っていた時期がありました。だけど少しでも反応があったら、見てくれた人がいるんだ!嬉しい!また描こう!単純なのでそう思って描いていました。この状態は「絵を描く行為が楽しいから描いている」ではなく、「誰かが喜んでくれるから描いている」の他人ありきの状態なので、少し危険な状態ではありますが、誰も見てくれない…辛い…もう描くのやめよ…で、かき手さんが消えるよりはずっといいと思います。たぶんそのうち、そのかき手さんも作品を作る楽しさに比重を置いてくれるようになる時がくると思います。そうなったら反応どうこうなんて気にしなくなって好き勝手にかきだすと思うから、応援の意味を込めてぜひ反応してあげてください。
って長々書いたけど、私何が言いたかったんだろ。なんかうまくまとまってないですね、すみません。
ツイッターをやっていてふと感じたことをざらっと並べてみました。