りぼん展に行ってきましたー!

ででん!
写真を撮るセンスがなさすぎて斜めになっていますが、まぁ伝わればよしということで。

まず子供の頃の我が家の漫画購入事情について書いておこうと思います。
私の家は二人姉妹なので姉の私は「なかよし」を。妹は「りぼん」の購入担当でした。そして各々自分の買った雑誌を読み終えたら、交換して読むシステムが自動的に出来上がっておりました。
以前、この話を複数の友人にしたところ、姉は「りぼん」で妹は「なかよし」担当だったと、うちとは逆だったと話す友人の方が圧倒的に多かったのですが、うちと同じシステムだったという方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報ください。きっと気が合うと思いますのでお友達になってください笑。
話が逸れましたが、子供の頃の記憶を思い返してみても、私も妹もそれほど少女漫画が好きなわけではなかったように思うので、なぜ毎月それらを買っていたのかが未だによくわからず…
連載作品一覧を見た感じだと、セーラームーン目的で「なかよし」を。ちびまる子ちゃん目的で「りぼん」を買っていたような気がします。
でも私自身が未だに覚えている少女漫画を上げると「水色時代」なんですよね。確か単行本も持っていたと思います。そしてこれは「ちゃお」で連載されていたという衝撃の事実を今知るという笑。誰かに本を借りて作品の存在を知ったのかなぁ…。単行本の括りでいくと「ちびまる子ちゃん」と「ルナティック雑技団」この二冊は全巻揃えて頻繁に読み返しておりました。
その後は「少女コミック」と「花とゆめ」に移行していく感じですね。

で。本題に入ります。
私、「ルナティック雑技団」が大好きなんです。
出てくるキャラクターの濃さ、世界観、ストーリー、どれをとってもドンピシャで好きです。なんていうんですかね、笑いの秘孔を全部突かれた感じ?(突かれたことないからわからんけども)とにかくめちゃくちゃ面白いので、元気がない時は必ずこの漫画を読んでいます。悩みとか全部吹っ飛びますよ。何かに悩んでいるそこの貴方に是非オススメしたいこの漫画。

膀胱が弱い方は尿もれ対策パッドなんかを付けて覚悟して読んでほしい。(※個人差があります)

どこがどういう風に面白いのかの説明はできないポンコツなので私のこの日記だと購入の決め手にはならないと思いますが(紹介する気あるのか)、愛咲ルイくんの漫画のコマ(黄色い垂れ幕みたいなヤツ)を舐めるように見てください。
ね、気になってきたでしょ?
気になったそこの貴方。ぜひお手に取ってください。

我が家は引っ越しが多いので、できるだけ電子書籍を購入したり、電子書籍化されてないものはできるだけ自炊してデータ化しています。この漫画も前回の引っ越しの際にPDF化したのですが、やっぱり紙でも持っておきたい…!そう思って先日通販で注文しました。が、未だ届かず待っている最中なんですが、りぼん展に行ったら普通に売ってて笑ってしまいました。届くまで辛抱するけどね!