デッサン教室

3年半ほど前、市内のカルチャースクールのデッサン教室に通っていました。二週間に一度、2時間の授業でした。半年通いましたが、絵が上手くなったのかどうかは今となってはわかりませんが、この頃付き合いのあった同人活動をやっていた子からは「すごく絵がうまくなった!変わった!」と褒めてもらえたので、そうなのだとしたら通った価値があったのかもしれません。

私は中学時代、美術部に入ろうと思っていたのですが、学校がド田舎すぎて(10年くらい前についに廃校になりました)美術部が存在しませんでした。
文化部は吹奏楽と茶道、科学部のみ。運動部で女子の入れる部はソフト、バレー、バスケ、卓球部だけ。選択肢は殆どないのに部活動は全校生徒強制参加という苦行ともいえる学校生活で、仕方なく私は吹奏楽部に入部し、美術部を作ってくださいと懇願する日々でしたが、結局叶わず三年間サックスを吹いて終わりました。しかも文化部に入部しているというだけで運動部の子からは馬鹿にされる始末で、正直中学時代の部活動に良い思い出は一つもありません。
高校に入り、そこには美術部も存在していたのですが、皆黙々と絵を描いていて(当たり前のことなんですが)気軽に見学するという雰囲気ではありませんでした。何度か遠目に覗いてみて、「入部しても楽しくやれるんだろうか…」と入る部活動を決めかねて校内をウロウロしている最中、強引に筝曲部の部室に連れていかれ「今年5人入部しないと廃部になるから…!」と頼まれる形でそのままお琴を弾くことになりました(いや、断ろう私)。今ではお琴で使っていた爪もどこかにいってしまったし、入部も流れに流され…という感じだったので高校時代の部活動も特に思い入れがありません。
私の学生生活における部活動って一体何だったのでしょう(笑)。

さて話を戻しますが、このデッサン教室、平日13時からの教室でした。そういうこともあって生徒の方はご年配の方ばかりで皆さんお喋りをしながら思い思いに絵を描かれていました。私のようにデッサンをされる方、写真を参考に風景画を描いて色を塗っている方、お孫さんの似顔絵を描く方、様々でした。先生は60代半ばの男性の先生で、それがもう大のお話好きで。デッサンの最中にアドバイス、というよりは世間話をされに頻繁に回って来られるのです。
友人と絵を描きながらスカイプをするのとは違い、実際に隣に立って(たまに座って)話をされるので絵に集中するのも申し訳ないかなと思って先生の方を向いてしっかり話しを聞くのですが、聞いていると絵が描けない…。授業時間は二時間、その教室はその後別の授業の方が使われます。デッサンに使ったモチーフ類は全て片付けないといけません。そのため、毎回スマホでモチーフの写真を撮りその写真を元に家で続きを描く。そして次回の教室で先生に見せ、アドバイスをもらう、そんな流れでした。ちゃんとした(という言い方は先生に大変失礼かと思うのですが)デッサンスクールに通ったことがないのでわかりませんが、大学で美術を学んでいた友人に話を伺った際、さすがに絵を描いてる時にそんなに話かけに来ないよ…と困惑気味に言われました。そういう疑念もあって半年で私はこの教室をやめてしまったのですが、続けていたら今頃はもっと成長できていたのかなぁと今でも当時を思い出すことがあります。
この先生、ただの話好きなおじさんだと思っていたのですが、初めて教室に通った際、私のデッサン途中の絵を見て「絵をよく描いているでしょ?」と言われ、只者ではないなと感じました(笑)。さすがに男性同士の絡み絵を描いています!とは言えないので適当にはぐらかしましたが、普段から絵を描いているかどうか、教える立場の人からしたらわかるものなんですかね。

最後にこの教室で描いた絵を上げときます。
しっかりデッサンをやっている方からすれば鼻で笑われそうな作品ですが、良かったら見てやってください

10月3日にいいね♡貰っていましたー!ありがとうございました( ;∀;)これからも更新し続けたいなと思います。また覗きに来てやってくださーい!